Company会社概要

沿革

昭和51年6月 横浜市港北区茅ヶ崎町にて、前会長 故石森學が石森製作所創業
主として音響機器・通信機器などの挽部品製造を開始
昭和52年12月 業績向上を計りカシメ部門を開設して営業種目を増やした
昭和54年12月 資本金250万円で有限会社石森製作所を設立
法人組織となる
昭和55年5月 業務拡大の為工場を港北区新吉田町714-7に移転
昭和59年2月 港北区新吉田町684に第2工場を開設
カシメ部門を分離移転
昭和62年2月 手狭となり、本社工場に隣接地を取得
昭和62年12月 新社屋を増設し設備の拡大を計る
第2工場の業務を本社に収容
平成2年5月 更に隣接地を取得、工場の敷地拡大を達成
平成3年3月 資本金を1000万円に増資
平成3年5月 新敷地内に社屋を増築完成 さらに業務の拡大を計る
平成5年3月 設備の拡大の為社屋を増設
平成5年5月 社名をイシモリテクニックス株式会社と改める
平成7年6月 更に設備拡大を要するに至り、社屋を拡大
平成11年9月 業務の拡充に伴い設備を拡大
平成12年9月 更に業務拡充の為、生産設備を拡大・社屋増設
平成20年9月 業務拡充の為、CNC自動旋盤などを追加導入・社屋増設
平成21年11月 業務拡充の為、MC精密自動旋盤 STAR SI-12 4台導入(SI-12 計17台)
平成23年6月 業務拡充のため、CNC自動旋盤TUGAMI B0125 2台 B0205 1台 導入
平成23年9月 業務拡充のため、CNC自動旋盤STAR SR-10J 2台導入(SR-10J 計8台)
平成23年9月 品質保証強化のため、画像選別機2台導入
平成24年7月 業務拡充のため、CNC自動旋盤TUGAMI B0125 3台 導入
平成24年7月 品質保証強化のため、画像選別機1台導入
画像寸法測定器 IM-6020 KEYENCE 1台導入
平成26年7月 業務拡充のため、CNC自動旋盤TSUGAMI B0125 3台導入(B0125 計8台)
平成27年4月 品質保証強化のため、画像検査機5台導入(画像検査機計8台)
平成27年10月 設備および業務拡大のため、新社屋竣工
平成27年12月 業務拡充のため、CNC自動旋盤STAR SR-10J 5台導入(SR-10J 計13台)